2009年01月10日

いざ、【大本山 成田山 新勝寺】へ!!

皆さん、こんにちわ!

今日は、毎年恒例の【成田山参拝】の模様をご報告致します。

毎年お正月の1日には、込んだ時間を避けて午後から成田山へ向かいます。
例年、参拝される方が多い事でも有名ですが
これがとにかく、「我先に!」と押し合い圧し合いでマナーの悪い方も数知れず・・・。
「まったく、もう!!」 ヽ(#`Д´)ノ と、怒りながらも
毎年、新年早々、それはそれは【命懸け!?】とも言えるような参拝でした・・・

2009年成田山参拝 003ところが、今年は何かが違いました!
厳重な空気と言いましょうか、厳格に敷かれた警備体制の中(おそらく例年の押しくら饅頭でおケガをされる方もいらしたのでは・・・)、境内には入場制限があり、
参道には長い長〜い行列が、お行儀良く出来ておりました。

成田山と言えば、正面玄関にあたる「総門」が昨年出来上がったばかり 
まだ新しい木の香りが爽やかで、心が洗われる思いでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚
さて、いざ境内に上がると、とてつもなくピンと張り詰めた厳しい空気・・・。
なぜか、「これは神様達もいよいよ本気だな!!」w(*゚o゚*)w そう感じました

こうして今、経済・医療・政治に教育問題、何から何までが大きく揺らいでいるのです。
なぜって、自分達の私利私欲だけを考え、後先も考えず、嘘偽りで人々を欺き、
やりたい放題やって来た人達がいるからです。
今や、その砂上の楼閣が砂塵のごとく消えようとしているのではないでしょうか!?

だからこそ、神様達もいよいよ本気 
これからは、嘘も偽善も建前も、腹に隠した真実も、もうどんなインチキも通用しない時代になってゆくのではないでしょうか? ですが、ただ厳しいだけではなく
【真面目にコツコツ ・ 笑顔いっぱい元気良く ・ まっすぐな気持ちで頑張っている】
そんな多くの人達が報われる、評価される、幸せになれる 
言い換えれば、本来あるべき姿に戻って行く為の大切なステップなのだと私は信じます。

2009年成田山参拝 010最後にご紹介するこのお写真、
参拝の後になにげなく撮った写真なのですが、
一瞬 雪が降って来たのかと驚きました。
よ〜く見てくださいね♪ 沢山のオーブが写っていますよ!
果たして、これが何を意味するのかはわかりませんが、

今年も皆様ご一緒に、凛として、笑顔を絶やさずに前へ進みましょうヽ(・ε・)人(・ε・)ノ
ご拝聴、ありがとうございました・・・。

株式会社シーロン
山口.K

sarasarakirei at 16:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

▲ pagetop