2018年01月23日

「助けられた命で、人様のお役に立ちたい!」臨死体験から生まれた 『さらさらきれい茶』誕生秘話

皆さん、こんにちは

『さらさらきれい茶 誕生秘話 銑イ泙任付き合いいただいた皆さま
本当にありがとうございました。 いよいよ、ここからは
【奇跡的に助けられた命を、どう使ってご恩返しをしてゆくか・・・】
後々、人々の健康に携わることとなってゆく 『東洋医学 との出会い、
素晴らしい師からの学び、患者様との向き合い方などについて、お話を進めてまいりますね。

◆◆◆ その6.人様のお役に立ちたい・・・。 ◆◆◆

奇跡的に命を取り留めてからその後は、3人の子育てをしながら
ほぼ2年間、日々悶々とする自分に悩み思いあぐねていました。
「命が助かったのには、やり残した何かが残っているハズ」 そして、遂に見つけました

それは 『病気を診ずに、人を診る 東洋医学の世界です。

めばえ幼稚園 警察を辞めて整骨院を経営している主人を
 手伝うためにも、鍼灸の資格が役に立ちます。
 すると長男・長女が通った幼稚園の園長先生が
 協力を申し出て下さり、当時はまだ珍しい措置で
 次男を4年間(年少2回、年中、年長)
 預かって下さることになりました。
 写真 : めばえ幼稚園(我孫子)

満を持して、3人の子育て、鍼灸学校への通学、福島県いわき市の実家へ
通いながら母と伯母の世話等々・・・。休む間もなく、フル稼働の生活が始まりました
そして3年後 《鍼師、灸師、あんまマッサージ指圧師》 3つの国家資格を取得しました

芹沢先生 次いで、筑波大学名誉教授・芹沢勝助先生
 「東洋医学技術研修センター」にて、1年間厳しい指導を受けました。
 
 朝からスケジュールいっぱいの充実した講義内容、
 毎日 相手を変えての鍼の刺し合い、様々な臨床実習を重ね
 ますます鍼灸の面白さを知った私は、本場の中国医学を
 生で見たい衝動にかられ、度々中国を訪れることとなります。

鍼治療 以来、長春中医学院や北京鍼灸骨傷学院で学び、
 鍼治療の摩訶不思議を目前に、本当に驚きました
 そして、1989年(平成元年) 生まれ故郷の
 福島県いわき市に念願だった
  『東洋医学サロン・いずみ鍼療院』 を開業しました


ところが・・・

鍼治療の心地良さと効果を体感された患者さんは、毎回次の予約をしてお帰りになるのですが
有難い気持ちとは裏腹に 「鍼治療に行けば、少々不摂生してもいいや・・・」 とばかり、
暴飲暴食、無理を重ねて体への負担や疲労を溜めてしまう方も多く・・・。


「自分で治そうという意識で通院される方と、
「鍼治療すれば、まぁ、いいかという方とでは、当然、治療の効果や
持続も異なり、結局は先々の健康管理が人任せになってしまいがちです。

鍼治療においては、依存させてしまうのではなく、
施術者と患者さん双方のバランスの取れた
『氣のキャッチボール』 がとても大事なのだと実感しました

『鍼治療に依存し過ぎず、毎日の食事やプライマリー(基本的な)
セルフケアができたら、自分で健康を取り戻すことも可能です。
それに、多忙な患者さんにも時間の余裕ができて楽になりますし、
先生方も、新しい患者さんを増やすことができます。』


このことが、自宅で健康管理できる 『さらさらきれい茶 の開発へと繋がってゆきます。

〜 山口 勢子 〜


sarasarakirei at 13:39│ ☆ 商品の誕生秘話 ☆ 

▲ pagetop