2018年01月21日

「僅か30分で25名のO型血液提供者現る!?」臨死体験から生まれた 『さらさらきれい茶』誕生秘話

皆さん、こんにちは♪

前回の不思議な 『臨死体験 いかがでしたか
今日は、私の命を救ってくれた 「更なる奇跡 をお話いたしますね!

◆◆◆ その4.30分で25名の血液提供者 ◆◆◆

パトカー 私が奇跡的に息を吹き返し、
 病室内は、再びザワザワと
 慌ただしくなりました。
 その一方で、
 元警察官だった主人は
 近隣地域、全ての警察署に
  「O型血液」 の提供を依頼


警察官 緊急無線を使って、全てのパトカーに
 【O型血液の警察官は、血液の提供に協力するように 
 と、呼びかけて下さいました。
 そのお陰で僅か30分足らずの短時間に
 各警察署から 【総勢25名の警察官

 皆様が病院へ駆けつけて下さり、お一人ずつ
 血液の提供が可能かどうか、検査を受けて下さいました。

かろうじて命を救われた私の体には、まず 『冷たい保存血』 が輸血されました。
ところが、私の体は、それを 拒絶 したのです

O型 直ちに、25名の提供者からいただいた
 『温かい生血(5000cc)』 が、
 両手両足4本同時に輸血されましたが、
 両足は通常の2倍ほどに膨らんでおり、
 繊細な6歳の長男は、化け物でも見たように
 怖がって病室から飛び出しました

それに比べて、好奇心旺盛の長女は、私の傍で興味津々に 「ジ〜ッ」 と見ていましたね

ちょっと長くなりそうですので、今日はここでおしまい・・・。
大量出血した患者への輸血は、やはり一筋縄では行かないのですね
次回は 『ペチャンコになった血管』 のお話をしたいと思います。

〜 山口 勢子 〜


sarasarakirei at 13:38│ ☆ 商品の誕生秘話 ☆ 

▲ pagetop