2015年03月20日

『デキストリンは便秘に効くの?』お客様から質問がありました!

皆さん、こんにちは♪

ようやく、春麗らかな優しい季節になってまいりましたね
薄着の時期を迎え 『ダイエット』 に力を注いでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか

さて、本日は最近よく耳にする 【 デキストリン 】 について
お客様からのご質問にお答えしたいと思います( -д-)b
とにかく、この 【 デキストリン 】 最近多くの商品に含まれていますよね!
ダントツなのは、やはり健康食品やカラダに良いと宣伝されているお茶&サプリメントetc・・・。

デキストリン 〜 Wikipediaより 〜
 デキストリン (dextrin) は、
 デンプンまたはグリコーゲンの
 加水分解で得られる低分子量の
 炭水化物の総称である。

 特保商品のテレビCMで頻繁に耳にする
 『難消化性デキストリン』 なら
 ご存知の方も多いのでは 

とうもろこし 
 ジャガイモ由来・とうもろこし由来など、種類は様々あるようです。
 『難消化性デキストリン』 とは、読んで字のごとく
 【 体内で消化しにくいデキストリン 】 という意味なんだそうです

 では、その 『デキストリン』 どんな役目を果たすのでしょう

≪  難消化性デキストリンには主に5つの作用があるそうです。 ≫

 : 糖の吸収スピードの遅延作用 (食後血糖の上昇抑制作用)
 : 整腸作用
 : 脂肪の吸収スピードで遅延作用 (食後中性脂肪の上昇抑制作用)
 : 内臓脂肪の低減作用
 : ミネラルの吸収促進作用

 : 安全性については 【 過剰に摂取すると下痢を誘発する 】 ことが知られている。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

そこで、お客様からの質問にお答えしますと (あくまでも私の見解ですが・・・

メカニズムから想像すると 『難消化性デキストリン』は、便秘に効果があるのだと思います。
しかし、あくまでも 【 消化されにくい性質を利用して便を押し出している 】 ので、
本来の腸のリズムを活かしているのとは異なり、便秘を根本から正すことにはならないのでは
また、加工品をカラダに摂り続けることで、本来カラダの中で作られる
『MY善玉菌』 の働きを、邪魔してしまうことにもなりかねませんよね・・・。

どちらにしても 【 薬やサプリメント・特保商品 】は、対処療法であって
本来私達が持って産まれた、元々の 『免疫力』 を引き出してくれるものではありませんので
必要に応じて上手にお付き合いするのが良いですよね
(・◇・)b

どんなモノを口にするか、それもまた受け身ではなく
ご自身がきちんと納得された上で、上手く取り入れるのが良いと思います
お役に立てましたでしょうか・・・。

山口.K


sarasarakirei at 14:02│ ◆ 健康のこと ◆ 

▲ pagetop