2013年11月30日

まだ加工食品派?生命みなぎる『生きてるお米&味噌』で元気百倍!!

皆さん、こんにちは(。・ω・)ノ゙

今日は、私たち日本人が昔からお世話になっている健康の基盤、強くて丈夫な体
しなやかで強靭な精神を育む 『和食=お米&お味噌 の魅力をご紹介します。

 まずは、お米編 

20130825玄・白 以前のブログでもご報告した【玄米vs白米】の比較から。
 玄米は、世界で最も繁殖力の高い植物だそう
 その力強い生命エネルギーを 『丸ごと頂く』 のが玄米 
 お水につけると、グングン芽が出て伸びます
 まさに、これこそが 『生きている証拠』

20130829白 それに比べて白米は、お水につけると
 2、3日と経たないうちに、水が白く濁ってきます
 要するに 『死んで、腐っている証拠 

 白米の 【白】 と 【米】 を左右逆に書くと・・・。 
 【粕=カス】 となる・・・。 はい、そうなんです 
 極端に表現すると、命果て、栄養も何もなく
 ただ私たちの空腹を満たすだけの 「白い粒」
 ということ


20130829玄・横実験終了・玄 一方、籾殻をとらない玄米は
 【米】 と健康の 【康】 で 
 【糠=ヌカ⇒玄米 
 要するに、生命あふれる
 玄米ご飯を食べた方が 
 「より健康的」 
 ということですね(・∀・)b

 咀嚼力も鍛えられるから
 頭も回転して、より快適

 そして、お味噌編 

古くから『植物性たんぱく質』を多く含む大豆は、消化吸収がしにくいことから
麹や塩を混ぜて『たんぱく質』を発酵させ、消化を促し体内に吸収して来ました
そこで、日本で1番売れている 【●●●●味噌vs長崎麦みそ】 の比較です

手順1 : 玄米を柔らかく炊いて、2つのお茶碗に同量ずつ盛る!
手順2 : 一方に『●●●●味噌』、もう一方に『長崎麦みそ』を大さじ1杯入れよくかき混ぜる!
手順3 : そのまま1時間ほど置いて、変化の様子をみる!

マルコメ味噌・商品マルコメ味噌 『●●●●味噌』は・・・。
 お味噌を入れてかき混ぜた時のまま
 とくに変化がなく、固まっている
 
 これは【生きたバクテリア】の作用が
 ほとんど見られず、お腹の中でも
 「消化吸収されにくい状態」
 ということです (/TДT)/


長崎麦みそ・商品
長崎みそ 一方の『長崎麦みそ』は・・・。
 「とろとろ〜」っと液状になって
 「米粒」は確認できません

 これは、お味噌に含まれる
 【生きたバクテリア】によって
 きれいに分解され、玄米も
 「消化吸収されやすい状態」に
 なっているということ

たかがお味噌、されどお味噌・・・。お味噌一つでも、これほど違います w(*゚o゚*)w
【安かろ悪かろ という言葉もありますよね

「安い」には、安いなりの理由がある 『食費を削ることは、命を削ること と、
≪マクロビオティック料理教室・G−veggie≫ の、はりまや先生から教わりました

さぁ〜、貴方なら 『ご自分とご家族の健康のため に、
どちらの ≪お味噌&お米≫ を選びますか

 山口.K 

sarasarakirei at 08:00│Comments(0)TrackBack(0) ◆ 健康のこと ◆ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

▲ pagetop