2013年08月12日

寝苦しい熱帯夜【眠れない・疲れが取れない】エアコンはどう使う!?

皆さん、こんにちは♪

夏の夜 8月半ば、夏休みもいよいよ佳境に入ってまいりました!
 千葉県は、朝晩とっても涼しくて快適な気候でした。
 先週まで、自宅では1度もエアコンを使わず・・・。

 エライ エライ 地球環境にもECO
 健康的で、オマケに電気代も節約・節約  
 な〜んて、喜んでいたのもつかの間・・・ 急に38℃、39℃って、一体どうして〜

寝ぐるしい ダラダラ流れる汗と沈黙の闘い それでもエアコン無し!
 ひたすら 「ジ〜ッ」 と流れる汗を我慢していました。
 こうなると寝不足で、翌朝のだるさったら (/TДT)/

 そこで昨日は、控えめに 【エアコン30℃・ドライ設定】
 だが、しか〜し、今度は冷え過ぎて眠れない

夜中に、エアコンのスイッチを切ったり・入れたり、窓を開けたり・締めたり・・・。
まるで 「一人コント」 のように忙しくて、結局 眠れず・・・(≧ヘ≦)
朝方暑くて、ほんの少しエアコンをつけたら、首や肩が冷えて重だるく軽い頭痛が〜 

   □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

エアコン&扇風機  外気温とエアコンの設定温度の差は 
 【+5℃から−5℃】 がBEST
 身体への負担が少なく健康的だと言われています

 どちらも、風が直接身体に当るのは避けたいですよね!
 東洋医学に 【風邪=ふうじゃ】 と言う言葉があります。
 字を見てお分かりの通り、これは 【風邪(かぜ)⇒風による邪気】 を意味します。
 甘〜くみていると、たちまち身体を冷やして、体調を崩してしまいます。・゚・(ノД`)

  : エアコンの温度は 【28℃前後】 で十分!
  : 冷たい風は、直接 身体に当てないこと
  : 硬く絞った濡れタオルなど、身体に掛けて寝るのもGood!
  : エアコンの風を扇風機で循環させて、上手に使うと節電にも効果的!

こんな事に気をつけながら、ご家族の健康に1番合った方法を見つけて下さいね(^∀^)
この夏も、体調を崩すことなく、皆さんが元気い〜っぱいに過ごせますように・・・。

sarasarakirei at 12:30│Comments(0)TrackBack(0) ◆ 健康のこと ◆ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

▲ pagetop