2013年07月26日

熱中症予防の水分補給で【ペットボトル症候群】に陥る危険性も!!

皆さん、こんにちは(。・ω・)ノ゙

関東地方は、梅雨明け早々 【水不足】 に陥っています
そう言えば、梅雨時季だって、ほとんど 「恵みの雨」 が降らなかったなぁ

さてさて夏と言えば、近年 深刻になりつつあるのが 【熱中症】 ですよね!
熱中症の対策として真っ先に挙げられるのが 【水分補給 ですが
実は、ここに落とし穴・・・ 水分も、沢山補給すれば良いってもんじゃ〜なさそうです

ペットボトルと白砂糖2 ここに、皆さん良くご存知のジュースが並んでいます!
 写真を見れば一目瞭然 なんと、なんと
 ジュース1本に、こんなに白砂糖が入っているんです
 これらを大量に飲み続けることで、俗に言う 
 【ペットボトル症候群】 を引き起こしかねません


 では、そもそも 【ペットボトル症候群】 とは、どういうコトなのでしょうか

 : 白砂糖の沢山入ったドリンクを大量に飲み続けることで起こる 『急性の糖尿病
 : 『喉がやたらと乾く・体重が減る・身体がだるい・・・』 など糖尿病の症状が出る
 : 20〜30代の若者に多く見られ、血糖値が著しく上昇し、
     重篤な場合には 『意識障害・呼吸困難・死に至る』 ケースもある
  
 どうして、そんなに沢山の白砂糖が入っているの

 : なぜなら 『白砂糖』 には 【防腐剤・保存料 という重大な役割があるから
 : ちなみに、ペットボトル飲料には必ず 『ビタミンC』 が含まれていますが、
     これは 【酸化防止剤】 の役割です

ペットボトルと白砂糖 写真左 : 私達が大好きな美味しいものには
 それぞれ、こんなに山盛りの 『白砂糖』 ・・・。

 白砂糖は、血液を汚してドロドロにします(`□´/)/ 
 すると・・・。

 
アトピー・アレルギー・冷え症・頭痛・便秘・糖尿病・不眠・うつ病・・・。
他にも数えきれないくらいの病気や症状を引き起こし、私達の命を脅かします

ですから、夏の水分補給は 「昔ながらの家庭で煮出すお茶」 や 「お水」 が1番
い〜っぱい汗をかく日は、お茶やお水にほんの少し 『お塩』 を入れると 
【熱中症】 の予防にも抜群なんだそうです  

是非、お試しくださいねぇ(・◇・)

sarasarakirei at 07:30│Comments(0)TrackBack(0) ◆ 健康のこと ◆ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

▲ pagetop