2013年05月23日

体温が「やる気スイッチ!」 こどもの低体温がなぜ問題なのか!?

皆さん、こんにちは(*・ω・)ノ

ここ最近は、お日様の日差しと爽やかな風が心地良い、初夏の陽気ですね
私は先日、家族で「筑波山」へ行って来ました!

白雲橋コース岩道 筑波山神社でお祈りをして
 いざ、険しい岩の道へ

 ホ〜ホケキョ〜 の歌声と
 爽やかな風が心地良く
 張り切って、スタート

巨木 ところが・・・。小学3年生の遠足コースでもある
 見応えたっぷりの 『白雲橋コース』 は
 予想以上にハードな道のり〜(ノ◇≦。)
  
 登れば登るほど、大きな岩を越えなければいけません!
 子供達の早いペースについてゆけず・・・。

 そうそう、子供って不思議
 最初は、100mも進まないうちに 「疲れたぁ〜」 と
 フニャフニャしていたのに、

突如 まるで 『野生のスイッチ が入ったかのように、
足並み軽くパワフルに、グングン・グングン登って行くんですね 『本領発揮』 と言うか、
これが 『本来の子供らしさ』 なのでしょうか 本当にワンパクで輝いていました。
  
体温計 これが最近、増加傾向にある 『低体温』 のお子さんだと
 「本来のわんぱくさ」が、発揮しにくいかも知れませんね
 【低体温=平熱が36.0未満の状態】 だそうです
 すると 『身体と心 どちらの健康にも
 大きな影響を及ぼしそうですよね 

『低体温』 のお子さんの特徴は
≪ やせ気味・疲れやすい・食欲にムラがある・集中力がない ≫ など様々ですが、
体温の調整ができないと 「自律神経のバランス」 が崩れるため
体調を崩しやすくなったり、食欲がなくなったり、便秘が続いたり、イライラしたり・・・。

でも、ほんの少し、毎日の生活習慣を改善するだけで回復することができます

こども熱  早寝早起き・快便を心がける 
  毎日のご飯は、家族と一緒に楽しく美味しく食べる
  よく笑い・よく遊び・よく喋り・たっぷり眠る 
  ゲームばかりせず、お外で友達と汗をかいて遊ぶ 
  室内での冷暖房は、ほどほどに!
 (外気温の前後5℃以内が、身体に負担が少ないそうです)

まずは、ここから 大人も子供もご一緒にヽ(・ε・)人(・ε・)ノ

特に何故 ≪子どもの低体温≫ が問題なのか 
それは、成長する子どもには、たくさんのエネルギーが必要だからです
エネルギーが低いと、発揮出来るものも出来なくなります。

【 体温 = ゴキゲン度 = 元気いっぱいエネルギー 】
大人も子供も同じですよね 皆が元気いっぱいで、Happyな社会にしましょう(^∀^)

sarasarakirei at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) ◆ 健康のこと ◆ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

▲ pagetop