2010年03月31日

いざ!出雲へ♪ Vol.2 〜なごみの里・開所式編〜

皆さん、こんにちは ('A`)

今日は、ほんの少し温かくなりそう・・・
例年だと、『入学式』 を迎える頃には 『桜』 の花も散ってしまうけど、
この調子なら、記念撮影は 『満開の笑顔&キレイな桜』 一緒に撮れそうですね

体育館 昨日の続き 【なごみの里・開所式】 のご報告です  
 ここは 『島根県江津市』 山並みに囲まれた松川町市村。
 出雲から「ガタンゴトン」、電車に乗ること更に2時間。
 左手には山々、右手には日本海 
 のんびりと豊かな風景を楽しみました
 千葉から片道5時間ちょっと 日本も広いなぁ〜(・ω・ノ)ノ

開所式垂幕 さぁ、初の島根です 「市村」は、山々に囲まれ、
 田んぼの広がる自然豊かな場所でした。
 市長さん・県会議員さん・町の皆さん、沢山の方々が集って 
 皆で楽しく 『なごみの里』 新設をお祝いしました。
 
 島根県は日本一、過疎化の進んだ地域 (p_q*)
 昨年だけでも、6つの集落が無くなってしまったとか・・・。
 高齢化が進めば進むほど、過疎化の問題は深刻です
 都会でも 『高齢化』・『孤独死』 という問題は避けられず、
 【人としての尊厳】を今一度、皆で見直すべきですよね!
 
 せめて 『生まれ育った温かい我が家で幸せな最期を迎えたい・・・』
 そんな多くの 「願い・夢」=1%の幸せ を実現するべく、
 柴田先生は、町の皆さんと協力して 日々活動されています。

なごみの里看板エンゼルチーム柴田先生





左: 新設 『なごみの里』 の看板♪
中: 松川町の勇士18名 『エンゼルチーム』 の皆さん
右: 柴田先生は、サイン中・・・  笑顔がと〜っても素敵な先生です(´∀`*)

人が亡くなる時、ご家族やご親戚・お友達・近所の方達 み〜んなが集まって
その場所は 『命のバトンタッチ が行われる神聖な場となるのだそうです。 
その方の 『良い心・魂の輝き・素晴らしい経験・・・』 
そんな目には見えない沢山の宝物を、私達にプレゼントしてくださるのです

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜残された私達が、より良く生きられる為に・・・。*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜そして、後々続いて行く大切な命のために・・・。*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

とっても素敵だと思いませんか まさに、『命の神秘』 ですね(´∀`*)

そう言えば、私が小学3年生の時です。 祖母が亡くなった日のこと。
遠く離れて亡くなったハズの祖母が、庭先の窓から心配そうに私を見ていました。 
「お婆ちゃん、もう天国に行くんだ・・・。私に会いに来てくれたんだ・・・。」 
とっても穏やかに見守られているような、そんな安心感を今でも覚えています

【 経済の発展・国や企業の利益・利便性追求 】 そんな事ばかりを追い求めた為に
確かに今、私達は 『とっても大切なモノ』 を失いかけています
『命の繋がり』 あってこそ、今の私達が存在しているんですものね!!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
ゆっくりと時間をかけて、「大切なモノ」 取り戻してゆきたいですよね♪

皆さん、柴田先生の本や 『なごみの里HP』 是非 ご覧になって下さいね
きっと、心が 「ほんわか」 温まりますよ♪

さぁ、次回は 『縁結びの神様:出雲大社へ』 (*・ω・)ノ

株式会社シーロン
山口.K

sarasarakirei at 17:09│Comments(0)TrackBack(0) ◆ イベント&お知らせ ◆ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

▲ pagetop